暮らしやすい家とは?生活動線と間取りについて考える

あこがれの注文住宅を建てるには?

結婚をして今住んでいるところが手狭になった、子供が生まれたなどの理由で、家族が増えると一戸建てを持ちたいという考えが出てきます。一戸建てを持てば、自分の好きなように敷地が使えて、広い庭があればバーべキューや家庭菜園など自分の趣味も充実します。お隣とも距離があるので、騒音やプライバシーの点も気にしなくて済みます。費用や時間を抑えられる点では分譲住宅がありますが、その部分を気にしなくてもいいのなら注文住宅が良いでしょう。理想の注文住宅を建てるには、いろいろな工務店やハウスメーカーの特色や実際の建物を見て、イメージを固めていくことが大切です。そして信頼できる住宅業者の方を探すことが重要です。自分のイメージや要望などをよく聞いてくれて、うまく取り入れてくれる業者を選ぶことです。

生活同線と間取りを考えるポイントとは?

快適に住むことを考えると、生活同線と間取りはとても重要です。この2つがうまくいかないと住んでいてストレスを感じてしまいます。女性は一日の中でキッチンに居る時間が多く、他にも掃除や洗濯などの家事をこなさなくてはなりません。家事をうまくこなすには、キッチンからの動線を短くする必要があります。洗濯をするときも、キッチンから洗濯物を洗うから干すまでが近ければ移動に対するストレスもなくなり、短時間でこなすことができます。家族とのコミュニケーションをスムーズに取りたいのであれば、キッチンとリビングの間をオープンにして、お互いの顔を見れるようにすれば、料理をしながら話すこともできます。このように、家事や家族との流れがスムーズになるように考えることが大切です。

© Copyright Perfect Rental For You. All Rights Reserved.